忍者ブログ

kfeg blog

kfeg blogへようこそお越し下さいました。 わが家で起きた、あんなことや、そんなことや、こんなことなど盛り沢山な内容を頑張ってお伝えしてまいります!!!(笑) どうぞ、気楽にお付き合いください<m(__)m>

   
カテゴリー「昔の旅行」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


絶叫マーン ジャイスイング

絶叫マシーンリポート第2弾!!です。
こちらも、2005年3月に行った、韓国旅行で撮影した、ロッテワールドの絶叫マシーン「ジャイロスイング」の命がけ(笑)の搭乗リポートです。
少し古いネタですが、ご覧下さい。
PR

絶叫マーン ジャイロドロップ

2005年3月に行った、韓国旅行で撮影した、ロッテワールドの絶叫マシーン「ジャイロドロップ」の命がけ(笑)の搭乗リポートです。
少し古いネタですが、ご覧下さい。
最近、動画の小ネタにこっています ^^;
音声が出ない、不都合を修正しました m(__)m

ソウル 南大門

ソウル・南大門が、放火により崩壊してしまいました。
南大門は14世紀末に建設され、国宝1号に指定されている建物で、「ソウルの顔」とも言える代表的な文化財が焼け落ちたことに、旧正月の連休明けの国民は衝撃を受けているそうです。
僕たち奈良の人間にとっては、大仏殿が放火で崩壊した。みたいなショックなんだろうと思います。
わが家は、2005年3月に、韓国旅行に行きました。
大仏殿のように、公園の中にある建物ではなく、自動車がひしめく都会のど真ん中にあったやに記憶します。
P1010899s.jpg
△在りし日の南大門

昔のデート ^^

img260.jpg
△金閣寺の境内でのママさん ^^
img270.jpg
△金閣寺の参門にて ^^
img271.jpg
△金閣寺の参門での僕、、ぷくぷくだ~ ^^;
img282.jpg
△保津峡をバックに、ママさん ^^

実家で写真の整理をしていたら、
ママさんと昔、、、結婚前のデートの写真ネガが出てきました。
それをスキャナーで読み込んでみました ^^

ネガには、1125とだけ書かれていたので、
おそらく1990年か1989年の11月25日の写真なんだろうと思われます。

場所は、京都です。
僕の大学が京都であったこともあり、京都にはよく遊びに行っていました。
京都には、僕のアルバイトしていた、コーヒーショップや、
よく行っていた、居酒屋やなどが、沢山有ります。
当然だけど、二人とも若いね~ ^^
そして、僕はぷくぷくでした ^^;

最近は、全然行ってないね~ ^^;

また、皆で行かないとだめだね ^^

1998年グアム旅行 その4

img142.jpg

img157.jpg

img159.jpg

img189.jpg
本日は、グアム旅行ラストのネタとなります ^^;
旅行記をついつい、ネタと言ってしまうのは、関西人の性かも ^^

訪れたところは、グアムの南部に当る、
タロフォフォの滝です。

現在は、「タロフォフォの滝リゾート公園」というようです。
ロープウェイなどが完備され、グアムの歴史博物館もあるそうです。
旧日本軍の横田さんの潜伏していた、洞窟のあるところとしても有名。
いろいろな資料が見ることが出来るそうです。

しかし、わが家が訪れた1998年は、というと、
まず、入場券を買うと、何の疑問もないかのように、

とある場所に案内され、それに乗り込み滝まで移動します。
現在のロープウエイに当るわけですが、その移動手段とは??

何だか、錆びまくったトラックです。
その荷台に乗るように則され、急勾配のジャングルを抜けてゆきます。
まさに、ジュラシックパーク!!
頭の中では、ジュラシックパークのテーマソングがずっと鳴り響いておりました ^^

わが家の訪れたときが、ちょうどロープウエイの建設中で、
施設なんぞは、何もございませんでした。
今となれば、あのトラック懐かしいですよね~ ^^
だってもうないんですから ^^

グアムでは、最大の滝だそうです ^^
第1と第2の二つの滝に分かれています。
原則水泳禁止なんだそうですが、第2の滝をすべると楽しそうな感じがする、
本当に緩やかな滝もありました。

で、本日の写真は、
一枚目は、タロフォフォの第1の滝の前で。
二枚目は、タロフォフォの第2の滝の前で。
三枚目は、ラブラブなパパとママ ^^;
四枚目は、帰りのJAL機内にて。おいおい、編集長の顔が切れてるよ~、でかいからか??

てなことてで、グアムの旅行記でございました。
このネタ、本日を以って、千秋楽! ^^


1998年グアム旅行 その3

img097.jpg

img120.jpg

img125.jpg

img126.jpg
本日も日本近くの楽園、グアムの旅行記です。

相変わらず、空港でレンタカーを借りての気まま旅です。

観光の手始めに出かけたのが、ホテルニッコーグアムに程近い、恋人岬です。
すぐ近くだから、簡単にいけると思っていたのですが、道を間違い時間掛かってしまいました ^^;

そこでドライブの、注意点。
スクールバス(映画でお馴染みの黄色のバス)が、停車したときには、
追い越さずに、必ず停止しましょう。
アメリカでは、子供は道路に飛び出すもの!と、考えられているようで、
信号があろうがなかろうが、スクールバスが止まれば、
車は全て止まるのだそうです。
ある意味、子供を守る、素晴らしい考え方ですよね ^^

話は戻ります ^^;
で、この恋人岬、きらきら輝くフィリピン海を見下ろすように、
グアムの北側にそびえる息を飲むほど美しい崖です。
いにしえのチャモロ伝説が語り継がれてきた場所でもあります。
結婚を許されなかった恋人同士が、永遠にはなれることがないようにと、
この崖から身を投げたという悲恋伝説です。
ん~考えてみれば、自殺の名所なんですよね ^^;
なんて言ったら、叱られますよね ^^; 失礼致しましたm(__)m

そして、ドライブかたがだ島を南西に下っていったところにあるのが、「ラッテストーン公園」。
正式名称は「アンジェロ・サントス記念広場」(故アンジェロ・サントス= 民族派の代表で、
チャモロ民族人権運動指導者)。公園に入ってしばらくすると、巨大な石柱が見えてきます。
これが「ラッテストーン」と呼ばれる遺跡で、グアムをはじめサイパン、テニアン、
ロタなどミクロネシアの国々によく見られます。
分かりやすく言うと、エリンギの化け物が、ズボズボと刺さっている感じです ^^;

てな事で、本日の写真は、
一枚目は、マイクロネシアショッピングセンターでダウンしている、子供達 ^^;
二枚目は、恋人岬での記念写真 ^^
三枚目は、ラッテストーン公園です。ほら、エリンギでしょ ^^
四枚目は、男前編集長と巨大エリンギの2ショット ^^

てなことで、明日に続きます ^^


1998年グアム旅行 その2

img063.jpg

img072.jpg

img096.jpg

img085.jpg
グアムへは、日本から約3時間で行くことが出来ます。
まさに、身近な楽園とでも言うのでしょうか ^^

折角海外に行くなら、ハワイ!
と言うのが、元来わが家の考え方だったんですが、
お金も掛かるし、身近なところで、と言うことで、
今回は、グアムに落ち着いたわけです ^^;
飛行機に載る時間も短いことから、
子連れ旅行には、オススメの場所です。

昨日も少し触れましたが、グアムの海はとても綺麗なのですが、
噂どおり、ビーチにはナマコなんぞがうようよ居ます。
これは、僕の行った場所が、たまたまそうだっただけなのかもしれませんが ^^;
ビーチの砂もいわゆる星の砂でした。
なので、素足で遊ぶことはオススメできません。
水に濡れても大丈夫な靴をそろえることがオススメです。
もちろんわが家は、大好きな現地のKマートで購入しました^^
ビーチサンダルでもいいのですが、海の中に入ると浮いてしまい、
とても歩きにくくなるので、専用の靴を用意しましょう。

ナマコだらけで、気持ち悪いと言えなくもないのですが、
その分、いろいろな生物に出会えるチャンスです ^^
ハワイとは違う楽しみ方が出来ます。
星の砂もお土産になりますしね ^^

てなことで、プールも大活躍です。
ホテルニッコーのプールには、小さいながらも、
ウォータースライダーがあります。
小さい子供達にはちょうど良い長さです。

グアムには、他にもウォーターアクティビティを楽しむことの出来る
施設が沢山有ります。
有名なところでは、パシフィック・アイランド・クラブ グアム。
通称、PICと呼ばれています。
結局わが家は、利用しませんでしたが、世界屈指のプールがあるそうです。
宿泊客は、全てのアクティビティーが無料で使えます。
宿泊客以外でも、有料で使用できるようです。
次回は、ココに泊まりたいですね ^^

てなことで、本日の写真です ^^
一枚目は、ホテルニッコーのビーチ。みんなマリン用の靴を履いています。
二枚目は、同じくビーチです。空いていますよね ^^
三枚目は、ホテルのプールサイドです。おそろいのサングラスがおしゃれ?
四枚目は、ウォータースライダーに挑戦中のママ ^^

てなことで、明日からは、観光の模様です ^^

1998年グアム旅行 その1

img012.jpg

img022.jpg

img005.jpg

img033.jpg
少し、お暇を頂きました ^^;

その間、列島は風、雨の猛威が襲いました。
台風13号で、被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
といっても、海外に行っていたわけではないのですが ^^;
ウチの方は、多少風が強かった程度でした。

さて、本日からは、またまた昔の旅行ネタです ^^
普通なら、昔の旅行ネタの後は、話題を変えるか、
最近の旅行ネタなのでしょうが、さに有らず ^^;
もっと昔のネタになってしまうのが、ウチのサイトのいいところ?(笑)
なのですよね ^^

前回のハワイネタから、さかのぼること2年前、
今から、8年前のグアム旅行のお話です ^^;

わが家のたまきちゃんは、まだ生まれておりません。
ちーちゃんが、まだ幼稚園に行く前の旅行です。

今回の、グアム旅行も全てオリジナル。
全ての行程をわがまま、気ままに、わが家流に自由設計したものでした。

今回の宿泊先は、ホテルニッコーグアム。
タモン湾北端の最高のリゾートに位置しており、
恋人岬を臨める豊かな自然環境と、眼下に広がる南太平洋が
最大の特徴です。タモン地区は、色々な店があるいわゆる繁華街。
閑静な場所にありながら、その繁華街にも歩いていくことができます。

そして、わが家だからこそ食いついた、サービスですが、
各部屋に、CDコンポも用意されています。
ドコが特筆すべきサービスかって?それは、、、、、
ローカルのFMステーションをカセットテープに録音して
自分だけのお土産にする事ができるのです。
今もそのテープは、わが家の宝物として、部屋に響いています ^^

てなことで、本日の写真ですが、
一枚目は、ホテルニッコーのプライベートビーチにて。ん、ちーちゃんの水着が、前回のハワイと一緒 ^^;
二枚目は、同じくビーチの木陰。既に、ビール片手の人物が ^^;
三枚目は、グアムの海は、ナマコがわんさか、と言いますが、事実です ^^;
四枚目は、夕食をとった、プラネット・ハリウッド。

前回同様なのですが、当時はデジカメなどなく、
全てスチールカメラ。
この写真も、ネガをスキャンしたもので、少し画像が悪いですが、
どうかお許し下さい。

ではまた、明日に続く ^^

2000年ハワイ旅行 その4

00000002.jpg

00000010.jpg

00000048.jpg

00000087.jpg
やっぱり、この御代を引っ張ってしまいました ^^;

マウイ島では、毎回ルネッサンス・ワイレア・ビーチ・リゾートに泊まっています。
近くに主だった、ショッピングセンターなんかはないのですが、
アメリカ本土からバカンスに来られている方が多いようで、
本当にのどかで素晴らしいホテルです。
各窓には、大きめのテラスが有り、ゆったり寝そべることも出来ます。
夜に、そのテラスから夜空を眺めると、なんと星の綺麗なこと。
見飽きることはありません。
そして、幾つもの流れ星を見ることが出来ます。
流れ星って、こんなに頻繁に見れるんだ!と、驚きです。

では本日も、わが家の子連れ旅行の智恵をいくつかご紹介します。
幼児が居る場合は、かさばるベビーカーも必需品です。
今や、日本製のベビーカーは、かなり重厚に出来ているものが多いですよね。
子供を乗せているときはいいですが、持ち運びには一苦労です。
そこで、わが家ではベビーカーは現地調達することにしています。
その方法もいくつかあり、簡単なのはKマートなどの、ショッピングセンターで
買ってしまいます。コンパクトでアメリカっぽいものが、安価で購入できます。
また中には、クレジットカード会社や航空会社のサービスステーションで、
無料でレンタルできるところもあります。
こんなサービスは、使い倒す!のが、わが家流の旅行術です ^^;

次は、少し、、いや、だいぶセコイお話なのですが ^^;
子連れ旅行には、飲み物も必需品ですよね。
もちろん、ホテルの冷蔵庫には、沢山の飲み物が入っていますが、
意外と高いんですよね ^^;
わが家では、空港でレンタカーを借りて、そのまま移動が毎度のことなので、
レンタカーを借りたらまず、ホテルにも行かず、Kマートに直行します。
そして、いろんな飲み物を購入します。もちろん、お父さんたち用の、
ビールやウイスキーも ^^;
そして、ホテルに行って、冷蔵庫の中をチェックし、ホテルの飲み物を取り出して、
買って来た飲み物を冷やすのです^^;
また、折りたたみの出来る大き目のクーラーボックスをいつも持ち歩いています。
ビーチに行くときもとても便利です。
ホテルではたいてい、氷を無料で出してくれる機械が備え付けられているので、
それをクーラーボックスに溜め込んでおけば、冷蔵庫の中身を取り出さなくても、
飲み物を冷やすことが出来ます。

あ~ウチの、ノウハウを喋っちゃった ^^;
かなりせこくて恐縮です ^^;

で、本日のお写真は、
一枚目は、6年前のちーちゃんの、水着姿。ぷくぷくで可愛いでしょ ^^
二枚目は、ルネッサンスホテルのテラスです。よく見ると、ママが映ってます ^^
三枚目は、ホテルのお部屋で夕食。飲み物は、例の調達方です ^^;
四枚目は、ハワイアンキルトのお店で。

で、この御代も本日で千秋楽 ^^
の、予定です ^^;

2000年ハワイ旅行 その3

00000004.jpg

00000053.jpg

00000079.jpg

00000076.jpg
この御代も、昨日で終了する予定だったのですが、
懐かしい写真を見ていると、もう少しアップしたいものが出できてしまいましたので、
引き続きと言うことにさせていただきます ^^;

その2で、飛行機の予約も全て自分でやってしまうと書きましたが、
飛行機の予約にも少々コツがあります。
航空会社には、事前に色々言っておくと得をすることが多いです。
まずは、幼児が居る事を必ず伝えましょう。
オムツやベビーフードも用意してくれますし、幼児の年齢によっては、
機内用のベビーベットまで用意してくれるんですよ。
もちろん、席の並びも指定できます。
飛行機とは、関係有りませんが、幼児で機内で泣かれたり、
体調を崩す等のことが御心配で、海外旅行をためらっいる方は、
お医者様に相談しましょう。
フライトの長さにもよりますが、幼児用の睡眠薬などを処方してくれます。

もう少し経験談ですが、
ハワイ=常夏のイメージってありますよね。
ところが、意外とハワイって寒いんですよね。
ワイキキでも、夜は冷え込みます。
ましてや、今回訪れた、ハレアカラ火山などにいく場合は、
セーターなどは不可欠です。
何せ、富士山より高い山なんですから。

てな事で、今回のお写真は、
一枚目は、機内で用意していただいた、幼児用のベットです。寝ているのは、たまきちゃん ^^
二枚目は、ハレアカラ火山山頂に向かう道路です。車は本当にまばらです。
三枚目は、ハレアカラ火山山頂です。凄く寒いんですよ ^^;
四枚目は、神秘的なハレアカラ火山の火口です。

あ~まだまだ、写真有るのにな~^^;
この御代、明日も続くかもしれません ^^;
ではでは ^^


2000年ハワイ旅行 その2

00000069.jpg

00000074.jpg

00000096.jpg

00000097.jpg
昨日に、引き続き2000年のハワイ旅行の様子です。

マウイ島をメインにした旅行でした。
ハワイ=オアフ島というイメージが強いですが、それ以外の島も素晴らしいところばかりです。
たまたま、選んだマウイでしたがその雄大さに感動し、すっかりハマってしまいました ^^

わが家の旅行のパターンですが、原則パッケージツアーは使いません。
行き帰りの、飛行機の手配から、ハワイ内の移動の飛行機、ホテルの予約、レンタカーの予約、
全て自分でやってしまいます ^^
結構手間なのですが、それはそれで既に旅行気分になれる、楽しい時間です。
パッケージツアーのように時間に縛られることもなく、好きなときに、好きなところにいける、
とっても気楽な旅行が楽しめます。

今回マウイでは、ホエラーズビレッジやラハイナからは、少し離れた、ワイレアと言う場所にある、
ルネッサンス・ワイレア・ビーチ・リゾートと言うホテルに泊まりました。
日本人も殆ど居ないのに、日本語が通じるし、ワイキキのように、人であふれかえっていることもなく、
本当のリゾート地と言う感じのホテルです。

で、今回の写真ですが、
一枚目は、ルネッサンスホテルのプールです。
二枚目は、マウイから向かった、オアフ島のホノルル空港での様子。なんか可愛いでしょ ^^
三枚目は、お約束どおりの、ワイキキビーチ。
四枚目は、ワイキキビーチを自転車でパトロールしている、おまわりさんです。

こうして、2000年のハワイ旅行は、幕を閉じました。
あ~また行きたい ^^

2000年ハワイ旅行 その1

00000020.jpg

00000035.jpg

00000056.jpg

00000065.jpg
少し、、、、いや、結構前のハワイ旅行のお話です。
2000年と言いますから、今から6年前ですね。
皆とても若い ^^ というより、子供達も一番成長している時期ですから、
今とは全然違いますよね ^^;
たまきちゃんは、完全に赤ちゃんです。
この旅行、5人になった、わが家はじめての、海外旅行です。
わが家の唯一の自慢が、生まれてはじめて入った海が、皆ハワイと言うことなのです ^^

2000年のハワイ旅行は、わが家お気に入りの「マウイ島」がメインでした。

一枚目は、ハレアカラ火山ふもとのカフェのお庭です。
二枚目は、ハレアカラ火山登山中に見つけた、シルバーソードの前でパチリ。
三枚目は、車を飛ばし出かけた、ラハイナの街で。
四枚目は、ハナでのハイキング。

ハレアカラ火山は、富士山より少し高い火山で、頂上まで車でいけてしまいます。
映画「2001年宇宙の旅」のロケ地でもある、神秘的な山です。
ラハイナは、マウイの中で最もノスタルジックな港町です。
ハナは、とってものどかな田舎町。でも、その道のりは恐ろしきもので、
600以上のカーブ、車が一台しか通れない場所60ヶ所以上、片道3時間以上のドライブです。
そして、やっとたどり着いた天国の街「ハナ」ところが、ハイキング用のお弁当の発注ミスで、
お弁当は、一人前 ^^; それを家族五人で分け合いました ^^;暖かき、家族愛(笑)
でも、素敵な街でした。
てなことで、続きは、明日 ^^


カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

フリーエリア

最新コメント

(08/14)
(05/07)
(01/10)
(12/08)
(02/19)

最新記事

プロフィール

HN:
kfeg web編集長
性別:
男性
職業:
広告代理店勤務
自己紹介:
はじめまして。
kfeg webの編集長でございます。この度は、blogデビューいたしました。サイトの更新が滞っている分、こちらで頑張りたいと思います。
わが家のお遊びなどの写真などお付き合い下さい。

バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

忍者アド

コガネモチ

忍者アナライズ

 | HOME | 
Copyright ©  -- kfeg blog --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]